まずはとにかくフレームワークを使う準備から。

軽量シンプルPHPフレームワーク Curry
http://www.curryfw.net/

ダウンロードページからダウンロードして、中身を取り出すとファイルがいくつか。
今回はV1.4.9を利用。フォルダ構成はこんな感じ。
img1

siteフォルダ内はこんな感じ。
img2

siteフォルダ構成のくわしい話はコチラで。WEBに公開しているフォルダより上位のフォルダにファイルが配置できない場合のカスタム方法も書いてある。
http://www.curryfw.net/manual/dirs

今回はレン鯖で使うので、カスタム例と同じようなフォルダ構成にする。
ということで、「site/index.php」で

define(‘CURRY_PATH’, realpath(dirname(__FILE__) . ‘/../../curry’));
define(‘SITE_PATH’, realpath(dirname(__FILE__) . ‘/..’));

とあるところ(先頭あたり)を

//define(‘CURRY_PATH’, realpath(dirname(__FILE__) . ‘/../../curry’));
//define(‘SITE_PATH’, realpath(dirname(__FILE__) . ‘/..’));
define(‘CURRY_PATH’, realpath(dirname(__FILE__) . ‘/../curry’));
define(‘SITE_PATH’, realpath(dirname(__FILE__)));

と編集する。さらに、

// Set directory settings.
PathManager::setFrameworkRoot(CURRY_PATH);
PathManager::setSystemRoot(SITE_PATH);

// Execute dispatch process.
$dispatcher = new Dispatcher();
$dispatcher->setAppEnv(getenv(‘APP_ENV’));
$dispatcher->dispatch();

とあるところ(真ん中あたり)を、

// Set directory settings.
//PathManager::setFrameworkRoot(CURRY_PATH);
//PathManager::setSystemRoot(SITE_PATH);

PathManager::setFrameworkRoot(CURRY_PATH);
PathManager::setSystemRoot(SITE_PATH);
PathManager::setControllerDirectory(SITE_PATH . ‘/controllers’);
PathManager::setModelDirectory(SITE_PATH . ‘/models’);
PathManager::setViewDirectory(SITE_PATH . ‘/views’);
PathManager::setHtdocsDirectory(SITE_PATH);

// Execute dispatch process.
$dispatcher = new Dispatcher();
$dispatcher->setAppEnv(getenv(‘APP_ENV’));
$dispatcher->dispatch();

という感じに編集する。

ここまで編集したら、curryフォルダとsiteフォルダをアップロード。
アップロードの前に「site/app」フォルダ内のフォルダ4つを、siteフォルダに移動させるのを忘れないように。
curryフォルダはsiteフォルダと同じ場所にアップロードする。

で、サイトにアクセス。フォルダの移動をし忘れとかで何度かエラーになったが、無事にエラーが出ずに結果が表示された画面が、

img3

これだけ表示された。正解か不正解かはわからないが、とりあえずエラーが消えたのでよしとする。
その際、「site/.htaccess」をリネームして、とりあえず制御から外しておいた。
こいつは後日設定しなおすとする。