<攻略日>
2015/04 ヤマトチャレンジのとき

<攻略パーティ>
LF・H光イシス
S・Hアンドロメダ、究極青オーデイン、H究極木孫権、H闇カーリー

どういう根拠で入れたのかよくわからない青オーディン。
水列7で3way持ってるし・・・というノリだったと思うが、あまり役に立ってる感じじゃない。

<解説>
全色制限のダンジョンは、多色にとっては制限なしとほぼ同じ。
いつものPT構成で突入できるので、てきとうに蹴散らしてあげましょう。

1F・・・ねねこ、はまひめ、こだま。一応忍者のスキラゲ素材だけど、もう全部アンケDで実装されてるので特に何もない。
 下忍とほぼ同じでとっとと抜いてくだけ。
2F・・・下忍x5。列とかで。
3F・・・中忍。ある程度攻撃力があれば貫通もできるし、1ダメずつ与えてもそこまで。
4F・・・木の上忍、闇の上忍。先制暗闇+バインド。ダメージもでかくないので、片側を落とすのに専念すれば楽ちん。
5F・・・マネキニャドラ+荒武者ゴブリンx2。水で列を組めば両方いい感じに落ちる。あとは残ったニャドラを料理するだけ。
6F・・・戦国龍のケンシンかマサムネ。ケンシンが地味に防御力高いけど、言うほど苦労はしないと思う。
 動画では一応青おでんの3wayが役に立ってないこともなかった。
7F・・・ボス。2ターンに1回10458、攻撃力2倍のときで20916ダメージが地味にうざい。
 ただ、そこだけ気を付けておけばてきとうに削ってるだけで勝てる、そんな感じ。
 発狂もないので、HPを20916キープしておくだけで死ぬ要素なし。

結局なんで実装されたのかよくわからないダンジョン。
たぶん天ルシのスキル上げのためだけに実装されたんじゃないかな。